シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPスールー王国軍とサバ州治安部隊が銃撃戦 双方に死傷者、ナジブ首相...

社会

2013年3月4日

スールー王国軍とサバ州治安部隊が銃撃戦 双方に死傷者、ナジブ首相が即時退去

〈ラハド・ダトゥ〉
2月11日にサバ州ラハド・ダトゥの海岸に不法上陸したスールー王国軍を名乗る150人あまりのフィリピン人武装グループがその後も居座っていた問題で、3月1日、武装グループとこれを包囲していた地元治安部隊との間で銃撃戦が起き、双方に死傷者がでている模様だ。

武装グループはカンポン・タンドゥオ郊外でマレーシア治安当局の監視下に置かれていたが、英字紙「ザ・スター」によると、正午ごろに銃声が散発的に聞こえはじめた。少なくとも武装グループのメンバー2人が死亡、マレーシア人治安部隊の隊員2人が死亡し、2人が負傷して病院に収容された。

武装グループのリーダーでスルタン末裔を名乗るラジャ・ムダ・アジムディー・キラム氏は、マレーシア警察が先に突入し銃撃を開始したと主張している。

武装グループは国際的に承認されていないスールー王国軍の兵士だと名乗っており、王国の承認などを要求するために上陸したと主張していた。現在サバ州となっている王国の領土返還を求めているとされる。

フィリピンとの外交問題も絡むためできるだけ穏便に済ませたいマレーシア側は武装グループを拘束しないまま即時退去を求めていたが、武装グループ側は要求が入れられないことを理由に居座り続けていた。フィリピンのアキノ大統領も武装グループに帰国を勧告、マレーシアのヒシャムディン・フセイン内務相は最後通牒を言い渡していた。

銃撃戦という最悪の事態となったことを受けてナジブ・ラザク首相は、これまで武装グループに対して丁重な扱いをし穏便な解決のために苦心してきたと強調。居座りを続けるならばさらに事態が悪化するだろうと警告し、マレーシア側の即時退去の要求を受け入れるべきだと述べた。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPスールー王国軍とサバ州治安部隊が銃撃戦 双方に死傷者、ナジブ首相...