シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP次期総選挙、議席減らすもBNが勝利=ASLI分析

政治

2013年3月1日

次期総選挙、議席減らすもBNが勝利=ASLI分析

〈クアラルンプール〉
アジア戦略リーダーシップ研究所(ASLI)は、次期総選挙の行方について分析し、与党連合・国民戦線(BN)が前回選挙(140議席)から議席を減らすものの123~135議席の獲得は可能だとし、政権維持するとの見通しを示した。

ASLIは、2008年の前回総選挙で野党連合・人民同盟(PR)に流れた地方におけるマレー系の票が大量にBNに戻ってくるとみられるのに加え、中国系やインド系の票も地方や都市部においてBNに戻ってくることが予想されると指摘。マイケル・ヨー最高責任者は、もしマレー系やインド系の票が予想以上にBNに戻ってくれば、BNが憲法改正に必要な安定多数の3分の2を上回る150議席を獲得することもありうると分析した。

マレー系のBN回帰により、BN構成党の中でも第一党・統一マレー国民組織(UMNO)は現在の79議席を上回る、85~90議席に伸ばす見通し。都市部では85%の中国系がPR構成党の民主行動党(DAP)に投票するとみられ、現有の28議席から35~40議席に躍進しPR内の第1党になる見通しだ。DAPに押され気味のBN構成党・マレーシア華人協会(MCA)は、マレー系やインド系のBN回帰を乗じてこれらの民族比率が高い選挙区で有利に戦いを進めるとみられる。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP次期総選挙、議席減らすもBNが勝利=ASLI分析