シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP中電工、来年初頭にもマレーシア子会社を設立

経済

2010年9月23日

中電工、来年初頭にもマレーシア子会社を設立

〈クアラルンプール〉
中国電力系の設備工事会社、中電工は9月22日、海外での事業展開を図るためにマレーシアににおける全額出資子会社設立を決めたことを明らかにした。
日系企業のマレーシア進出物件受注に向けた拠点と今後、海外事業を展開する上での、アジア市場における拠点の設立を持つことが目的。2011年2月をめどにクアラルンプール(KL)に開設し、電気設備工事、エネルギー関連設備工事、空調管設備工事、情報通信設備工事、コンサルタント・メンテナンス業務などを行なう。社名や資本金などは未定。
中電工は今年4月に社内プロジェクトチームを結成し、海外事業展開の具体的検討を進めてきた。東南アジア諸国連合(ASEAN)諸国の中でも安定した政治・経済状況、整備されたインフラ、質の高い労働力等の優位性、さらにタイ・シンガポールに次いで日本企業の進出が多いマレーシアが最適と判断した。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP中電工、来年初頭にもマレーシア子会社を設立