シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPサイムダービー巨額損失の調査で違反発見、法的措置へ

経済

2010年9月22日

サイムダービー巨額損失の調査で違反発見、法的措置へ

〈クアラルンプール〉
農園世界大手のサイム・ダービーが4件の事業で巨額の損失を出した問題で、同社から調査を委託された法律専門家のチームは、職責違反と不適切な行為の存在を発見した。
サイム・ダービーはこれをブルサ・マレーシア(マレーシア証券取引所)に報告するとともに、法的措置を講じると発表した。裁判に訴える可能性があるため、職責違反、不適切な行為の具体的内容を明らかにすることはできないという。
職責違反などがあったのはエネルギー、公益部門で、カタール・ペトロリアムとの事業、マースク・オイル・カタール事業、国内のバクン水力発電所事業、および海洋関連事業の4件。
同部門は3月までの9ヵ月決算で10億リンギ(約275億円)余りの営業赤字を計上。引当金の計上が響いた。6月期の最終損益の黒字も大幅減だった。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPサイムダービー巨額損失の調査で違反発見、法的措置へ