シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPブルサのデリバティブ商品、近くグローベックスに上場

経済

2010年9月14日

ブルサのデリバティブ商品、近くグローベックスに上場

〈クアラルンプール〉
ブルサ・マレーシア(マレーシア証券取引所)デリバティブ(金融派生商品)市場の商品が近く、シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)が運営するグローベックスに上場される。デリバティブ部門のチョン・キムセン最高経営責任者(CEO)は、3年後には出来高は2倍になるとの見通しを示した。
上場されるのはパーム原油先物(FCPO)とKLCI指数先物で、マレーシア以外に85カ国で取引が可能になる。グローベックスは金融先物の24時間オンライン取引システム。
CMEは同デリバティブ部門に25%出資し、FCPOをベースにした商品を開発する権利を取得した。FCPOは現物引き渡しを伴う契約。
チョンCEOは「世界の反対側にいる投資家にもパーム油に関心を持ってもらえる。マレーシアの存在が広く認識されるようになる」と期待を表明した。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPブルサのデリバティブ商品、近くグローベックスに上場