シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPインターコンチネンタル、KL日航ホテルの運営引き継ぎか

社会

2010年9月16日

インターコンチネンタル、KL日航ホテルの運営引き継ぎか

〈クアラルンプール〉
クアラルンプール(KL)のジャラン・アンパンにある「ホテル日航KL」の運営を、インターコンチネンタル(IHG)が引き継ぐことになるとの憶測が流れている。
同ホテルは現在、ニッコー・ホテルズ・インターナショナルが運営しているが、来年2月で1995年から続いていた運営契約が切れる予定で、更新がされない可能性もあるという。
ホテルのオーナーであるMTJデベロップメントはIHGを新たな運営業者に指名した場合は、情報筋によるとホテルの名称が5ツ星のインターコンチネンタルになる可能性もある。
IHGはインターコンチネンタルやクラウンプラザ、ホリデイ・インなどのブランドのもとホテルを運営する。
情報筋によると、ホテル日航KLの従業員約400人には8月27日にオーナーの代表から、インターコンチネンタルの運営に代わった場合も雇用は引き続き確保されるとの説明を受けたという。
ホテル日航KLは、2011年には何らかの変更が行われるが今の時点では新たな運営業者との契約は行われていないと説明している。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPインターコンチネンタル、KL日航ホテルの運営引き継ぎか