シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP新経済モデル、ナジブ首相が改革イニシアチブ8項目を発表

経済

2010年9月8日

新経済モデル、ナジブ首相が改革イニシアチブ8項目を発表

クアラルンプール〉
ナジブ・ラザク首相は9月6日、首相府省の月次会合において、新経済モデル(NEM)を進めるための戦略的改革イニシアチブ(SRI)を発表した。2020年までに高所得国家入り、先進国入りを目指す目標の達成に向け不可欠だとし、全ての公務員にイニシアチブに沿った行動をとるよう求めた。
SRIの8項目は▽民間セクターの再活性化▽質の高い人材育成および外国人労働者への依存軽減▽競争力のある国内経済の創造▽公的部門の強化▽透明性が高く市場に優しい積極的差別是正措置▽知識ベース、インフラの整備▽成長の源を強化▽持続可能な経済成長を確保――。
ナジブ首相は、政府による予算割当てや国内投資、外国直接投資(FDI)に依存するよりも新たな経済成長の源を探す必要があると指摘。革新的で創造的な行動を通じて持続可能な経済成長を実現すべきだと述べた。
ナジブ首相はまた、10年以内にマレーシアを先進国にするため、大掛かりな革新が必要であり、民族融和の「1マレーシア」や政府改革プログラム(GTP)、経済改革プログラム(ETP)に沿って成功に向けて努力すべきと語った。
■NEMの詳細は10月に発表へ=第2財務相■
アハマド・フスニ・ハナズラ第2財務相は、NEMの詳細を10月に発表することを明らかにした。NEMの主要項目はETPおよび12の国家主要経済領域(NKEA)となっており、マレーシアの国際競争力の強化を目指す。国民1人当たりの収入を1万5,000米ドル(約126万円)にまで引き上げ、民間セクターを中心とした経済成長を目指す。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP新経済モデル、ナジブ首相が改革イニシアチブ8項目を発表