シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP出産休暇を90日に、ペナン州政府が国に働きかけ

社会

2010年9月11日

出産休暇を90日に、ペナン州政府が国に働きかけ

〈ジョージタウン〉
ペナン州政府は、現在60日となっている有給出産休暇を90日に増やす方向で連邦政府に働き掛けている。4カ月ほど前には、シャリザ・アブドル・ジャリル女性家族共同体開発相に書簡で提言を行なったという。リム・グアンエン州首相が明らかにした。
タイやラオス、カンボジアでは産前・産後あわせて90日、インドネシアでは同3カ月が認められている。またシンガポールでは12週間となっている。
リム州首相は、公務員が連邦政府の管理下にあるためペナン州が独自で出産休暇を増やすことができなかったと説明した上で、国際基準となっている90日の実現を連邦政府に望むと述べた。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP出産休暇を90日に、ペナン州政府が国に働きかけ