シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP日本郵船がTASCO株を追加取得、保有率61%に

日系企業

2009年3月30日

日本郵船がTASCO株を追加取得、保有率61%に

〈クアラルンプール〉
日本郵船は傘下のマレーシア物流会社、トランス・アジア・シッピング・コープ(TASCO)の国際航空貨物部門の株式33.58%を追加取得し、株式保有率を61.32%とする。今年第1四半期までに取得手続きが完了する見込みだ。
TASCOグループのリー・チェックポー社長は、日本郵船はTASCOにとって30年以上事業パートナーとして関係を築いてきたとコメント。戦略的運営や事業方針の決定においても重要な役割を担ってきたと述べた。
日本郵船グループの貨物部門ではマレーシアは東南アジア2番目の売上げ貢献市場だ。また、日本以外ではマレーシアは日本郵船の海外事業の中で売上げ貢献では3位、純利益貢献では2位の地位にある。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP日本郵船がTASCO株を追加取得、保有率61%に