シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP「民主主義の木」の破壊された記念碑がオークションに

社会

2009年3月26日

「民主主義の木」の破壊された記念碑がオークションに

〈イポー〉
野党連合・人民同盟(PR)によって3月8日に建てられたものの、同13日に何者かによって破壊されてしまった「民主主義の木」の大理石製の記念碑が同22日、オークションにかけられ、5つの破片が合計4万2,900リンギで落札された。売り上げの一部は新たな記念碑の費用に充てられ、残りはPRの政治活動の費用に充てられるという。競売はいずれの破片も500リンギからスタートし、5つ目の破片には最高額の1万7,100リンギ(約46万円)の値がついた。
「民主主義の木」は、野党連合・人民同盟(PR)所属のペラ州議会議員らが3日、警察の阻止に遭って議会場に入れなかったためにその下で臨時議会を開催したことから、一躍有名になった。しかし与党連合・国民戦線(BN)のザンブリー新州首相は、BNの新政権を承認したペラ州スルタンの裁定をないがしろにするものであるとした上で、記念碑は許可なく設置されたものだとして撤去を示唆していた。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP「民主主義の木」の破壊された記念碑がオークションに