シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPペナン大橋で大型クレーンが横転、渋滞8時間続く

社会

2009年2月23日

ペナン大橋で大型クレーンが横転、渋滞8時間続く

〈ジョージタウン〉
ペナン大橋で2月19日未明、重量が30 トンもある大型水圧クレーンが横転して道をふさいだため、ペナン島からマレー半島に向かう連絡道で最大8時間にわたり交通渋滞が起き、多くの通勤客や住民に影響がでた。
ジェルトン高速道路とバヤン・レパス湾岸高速道路では5キロ、橋に向かうバターワース側の道路では4キロの渋滞となった。多くの人がフェリーを使おうとし7隻のフェリーがフル稼働したが、フェリーターミナルも混雑した。多くが出勤時間に遅れ、飛行機の便を逃した人も多く出た。ペナン州公共事業担当幹部によると、クレーンは午前3時15分ごろ、ペナン大橋の車線拡張工事の最中にバランスを崩して横転。クレーンを撤去し大橋の交通が正常に戻ったのは午前11時過ぎだった。工事はUEMビルダーズが行っており、8月に完成する予定だという。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPペナン大橋で大型クレーンが横転、渋滞8時間続く