シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPJICAが鑑識の専門家を招聘、マレーシア警察で指導

社会

2009年2月23日

JICAが鑑識の専門家を招聘、マレーシア警察で指導

〈クアラルンプール〉
国際協力機構(JICA)マレーシア事務所は、マレーシア政府の求めに応じて日本の警察庁から鑑識専門家を長期招聘すると発表した。
現場鑑識(指紋採取)技術の指導ができる専門家を日本から呼び、マレーシア警察と協力して鑑識技術の指導者を育成する。2月23日に石川県警で長年鑑識捜査に携わってきた荒木真人さんが来馬、1年間にわたって指導を行う。
マレーシアでは、現場鑑識、特に指紋採取に関する十分な技術を持った人材が少なく、犯罪捜査において指紋により事件解決に至ったケースは少ないという。マレーシア警察は、荒木さんを講師に全国でセミナーを実施したいとしている。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPJICAが鑑識の専門家を招聘、マレーシア警察で指導