シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPGDP成長率予想、シンクタンクのMIERが6.5%に上方修正

経済

2015年8月10日

GDP成長率予想、シンクタンクのMIERが6.5%に上方修正

〈クアラルンプール〉
シンクタンクのマレーシア経済研究所(MIER)は今年の実質国内総生産(GDP)成長率予想を、5.2%から6.5%へ上方修正した。
アジア開発銀行(ADB)関連機関と共催のセミナーでザカリア・アブドル専務理事は「1~3月期のGDP成長率が10.1%と高く、輸出が好調なことから修正に踏み切った。消費者・企業心理も改善している」と語った。
4~6月期のGDP成長率については「輸出入とも前期と比べ伸びが鈍化している」とし、6.5~6.7%への減速が予想されるとした。
外国からの直接投資は大幅に減少しており、国内投資も振るわない。しかし国内投資が改善すれば内需を刺激できるという。
また貧困層に対する社会保障を拡充すれば消費・内需増につながると強調。社会保障を強化する意向を示唆した。

 

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPGDP成長率予想、シンクタンクのMIERが6.5%に上方修正