シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP貿易不振で経済成長予想を下方修正へ

貿易

2009年2月19日

貿易不振で経済成長予想を下方修正へ

〈クアラルンプール〉
ナジブ副首相(兼財務相)は、世界経済の減速によりマレーシアの輸出が打撃を受け2ケタのマイナスを示す可能性が高まるようであれば、今年の国内総生産(GDP)成長予想を下方修正することになると述べた。ナジブ副首相は2月17日の下院議会で、世界各国で行われている景気刺激策が大きな効果をもたらさない場合、世界貿易や経済成長の減速がさらに深刻化すると予想されると説明。近く発表するGDP成長率予想の見直しでは、不透明なマレーシアをとりまく環境に対処する上でマレーシア経済の強固さを勘案することになると述べた。
マレーシアの輸出の対前年同月比の伸びは、昨年10月に2.6%のマイナスとなってから、11月には8.2%、12月には14.9%と連続マイナスとなった。鉱工業生産指数(IPI)も、10、11、12 月の3ヵ月でそれぞれ2.8%、8.2%、15.5%のマイナスとなっている。また昨年10月から今年1月までの失業者数は1万277人で、自主退職制度(VSS)を利用して退職した者も4,207人に上っている。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP貿易不振で経済成長予想を下方修正へ