シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP財政赤字、4.8%に拡大の見通し追加経済対策で=ナジブ副首相

政治

2009年2月3日

財政赤字、4.8%に拡大の見通し追加経済対策で=ナジブ副首相

〈クアラルンプール〉
ナジブ副首相兼財務相は1月29日、近く発表される予定の追加景気対策で今年の財政赤字幅は拡大するものの、政府が抑制に努めると明言した。
副首相によると、第1次経済対策(総額70億リンギ、約1,765億円)が全て実施された場合の財政赤字幅は4.8%と予想されている。追加経済対策の発表時には、予想財政赤字幅が上方修正される見込みだが、政府は赤字幅が極度に拡大しないよう図る必要性に留意する。赤字幅は一時的対策にどれだけ公的資金を注入するかに左右される。
第1次経済対策に盛り込まれた公的支出の70億リンギは、これまでに70%が分配されている。副首相がこの日発表した報告書によると、最初の経済対策では合計4,667件の事業が実施される。内訳は2,224件が学校施設の改修や保守、2,443件が保健医療事業で、費用はそれぞれ2億リンギ(約50億円)。政府はこうした事業の早期実施で効果を挙げるため、手続きを簡素化している。
政府は財務省内に設立したプロジェクト実行管理局(PMU)に対し、こうした事業について財務省に直接定期的に報告するよう指示した。70億リンギ中50億リンギ(約1,260億円)は小規模の建設開発事業に割り当てられており、このうち12億リンギ(約300億円)は低価格住宅の建設および保守、残りはインフラや学校および治安機関の施設整備に投じられる。このほか、マレーシアの競争力と労働効率を高めるため必要な人的資源開発に、10億リンギ(約250億円)が割り当てられている。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP財政赤字、4.8%に拡大の見通し追加経済対策で=ナジブ副首相