シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP星キャピタモールズ、不動産投信をマレーシアで上場

経済

2010年6月15日

星キャピタモールズ、不動産投信をマレーシアで上場

〈クアラルンプール〉
シンガポールの不動産大手キャピタランドの子会社、キャピタモールズ・アジアは、証券委員会から不動産投資信託(REIT)、キャピタモールズ・マレーシア・トラストの上場認可を取得した。
同REITはクアラルンプールの「スンガイ・ワン・プラザ」など3資産をキャピタモールズ・アジアから取得する。投資口を販売し、約9億9,500万リンギ(約277億7,045万円)の資金を調達する。
上場口数は13億5,000 万。外国の機関投資家にも販売する。キャピタモールズ・アジアは33-41.74%を保持する。
従業員積立基金(EPF)とシンガポール系保険大手グレート・イースタン・アシュアランス(マレーシア)が11.4%に相当する計9,000万口を1口1.1リンギで購入する。利回りは今年が6.5%、来年が6.8%の予定。
資産合計は21億3,000 万リンギ(約594億4,830万円)。ショッピングモールを資産とするREITで、時価総額、資産額で最大になる。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP星キャピタモールズ、不動産投信をマレーシアで上場