シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPアフィンのEON買収提案、中銀が却下

金融

2010年6月9日

アフィンのEON買収提案、中銀が却下

〈クアラルンプール〉
アフィン・ホールディングスがEONキャピタルの買収に向けた交渉開始の許可を中央銀行バンク・ネガラ(BNM)に申請していた件で、BNMは申請を却下した。EONに対してはホンリョン・バンクが既に、50億6,000万リンギ(約1,388億円)での買収を提案している。
BNMは却下の理由を示さなかったが、アフィンが同社より規模の大きいEONを買収するのは不適切と判断したもようだ。
ホンリョン提案を審議する臨時株主総会は早ければ今月末に開催の見通し。EON筆頭株主は発行済み株式の20.2%を所有する香港の投資会社プリマス。
プリマスは2008年初頭、EON株式を1株9.55リンギ(約262円)でDRBハイコムから取得していた。ホンリョンの買い取り提示価格は同7.3リンギ(約200円)で、プリマスは買収に反対している。同提案に関するアドバイザーのクレディ・スイスも「提示価格は不当」とアフィンのEON買収提案、中銀が却下している。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPアフィンのEON買収提案、中銀が却下