シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPホンダマレーシア、7月の販売が過去最高に

日系企業

2013年8月19日

ホンダマレーシア、7月の販売が過去最高に

〈ペタリンジャヤ〉
ホンダ・マレーシアは、7月の予約・販売登録・納車台数がいずれも月間最高記録をマークしたと発表した。

新車登録台数は6,039台、予約台数は8,780台で、いずれも過去最高を大幅に更新した。新たに投入した国内組立生産(CKD)版のガソリンエンジン車「ジャズ1.5L i-VTEC」のほか、「ジャズ・ハイブリッド」、「シティ」、「CR-V 2.0」、「CR-V 2.4」の好調な販売が寄与した。予約台数はそれぞれ1,434台、1,107台、3,114台、743台、500台だった。

7月11日に発表した「ジャズ1.5L i-VTEC」は、新社会人などのエントリー層をターゲットに7万4,800リンギ(約222万円)と手頃な価格に抑えたのが奏効した。また「ジャズ・ハイブリッド」も6月に交換バッテリー価格を約半分に下げ、保証期間を8年に伸ばしたことが貢献した。

ホンダ・マレーシアはディーラー網の拡大を進めており、年内には全国で80店舗に増加する見通しだ。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPホンダマレーシア、7月の販売が過去最高に