シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPKL~JB間の高速鉄道、2018年までに運行開始

建設

2013年9月3日

KL~JB間の高速鉄道、2018年までに運行開始

〈クアラルンプール〉
公共陸運委員会(SPAD)のサイド・ハミド・アルバー議長は、クアラルンプール(KL)とジョホールバル(JB)を結ぶ高速鉄道を敷設する計画を進めていると明らかにした。国内の観光産業振興と、鉄道の利用率を高めること、マレー鉄道(KTM )の売り上げ成長が計画推進の狙いだ。2018年までに運行開始を予定している。

サイド議長は、外国では鉄道駅の周辺はビジネスでにぎわっており、住民が鉄道サービスを利用することで街の発展にも繋がっていると指摘。KL~JB間の高速鉄道プロジェクトは、1日に6万人の利用を見込んでおり、ゲマスとプラウ・セバン/タイピンに主要駅を置く計画だ。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPKL~JB間の高速鉄道、2018年までに運行開始