シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP米アムフェノール、ペナン工場を拡大 従業員を400人に増員

経済

2008年7月25日

米アムフェノール、ペナン工場を拡大 従業員を400人に増員

〈ペナン〉
米ハイテク企業のアムフェノールTCS(ATCS)は、ペナンにあるコネクタ製造工場を拡大する。同社は今年初旬、金属メッキ製造のAーアムセイコーを500万米ドル(約5億3,500万円)で買収していた。今後12~18カ月で400~600万米ドル(約4億2,800万~6億4,200万円)を投資して工場を拡充、新規雇用も行ない、従業員数を現在の300人から400人に増やす予定。
ATCSのビル・ドハーティ海外コネクタビジネス部長が明らかにしたところによると、現在ペナン工場では同社コネクタ総生産の22%を占める、 5,000万米ドル(約54億円)を生産。製造だけではなく、デザインも手がける主要生産拠点として機能しているという。
同社はコンピュータ通信網、情報伝達、保存、サーバーにおける内蔵型高性能接続装置(コネクタ)を生産しており、IBM、デル、シスコ、華為(ファーウェイ)などの大手企業にも販売を行っている。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP米アムフェノール、ペナン工場を拡大 従業員を400人に増員