シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP09年のマレーシア自動車販売、予想上回る53万台超に 今年は2....

経済

2010年1月21日

09年のマレーシア自動車販売、予想上回る53万台超に 今年は2.4%増の見通し=MAA

〈クアラルンプール〉
マレーシア自動車協会(MAA)は1月20日、2009年の自動車販売台数が前年比2.0%減の53万6,905台となったと発表した。50万台としていた昨年7月に発表した最新予想を上回った。MAAは昨年1月、世界経済の減速による大幅な販売減少を予想し、通年で48万台との控えめな見通しを示していた。
景気後退懸念にもかかわらず、乗用車・商用車はそれぞれ、2.2%、0.2%の減少にとどまり、当初の見通しを上回る結果となった。▽景気悪化を見越した政府の先手策▽政府による景気対策の効果、特に昨年3月発表の600億リンギの景気対策が消費を拡大、景気回復に寄与▽27のサービス業の自由化と投資優遇政策▽昨年3月に開始した老朽車買い替えスキーム▽昨年下期におけるビジネス動向の改善▽消費動向、特に第4四半期の消費拡大▽各自動車メーカーによる積極的な販促活動——が好結果を産んだ。
販売トップのプロドゥアは、前年の16万7,393台から16万6,736台にやや減少したが、市場シェアは30.5%から31.1%に回復した。2位は新型多目的車(MPV)「イゾラ」が好調だったプロトンで、前年の14万1,958台から14万8,031台に販売を増やし、25.9%に落ちたシェアが27.6%に回復した。3位は前年と同じくトヨタで、前年の10万台を突破から8万1,785台に大幅に販売台数を減らし、シェアは3.2ポイントダウンの15.2%となった。4位のホンダは販売台数を3万8,783台に増やし、シェアは5.9%から7.2%に上昇した。5位は日産が入り、販売台数を増やしシェアは5.9%に拡大した。
■今年は2.4%の増の55万台の見通し■
今年の販売見通しについてMAAは、▽好調だった昨年第4四半期からの受注持ち越し▽世界経済の回復▽マイナス3%と予想される昨年の国内総生産(GDP)が今年プラス5%と予想されること▽労働市場の回復にともなう消費者心理の上昇▽ビジネス心理の改善▽一般消費財の価格上昇の見通し▽景気対策のもたらす相乗効果一一といったプラス要素を勘案し、2.4%増の55万台と予想している。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP09年のマレーシア自動車販売、予想上回る53万台超に 今年は2....