シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPジョホールバルで大規模免税特区開発計画が浮上

政治

2013年10月14日

ジョホールバルで大規模免税特区開発計画が浮上

〈ジョホールバル〉
ジョホールバルとシンガポールを結ぶ第2リンクの近くで、マレーシア最大の免税特区・金融センターの開発計画が浮上している。「東方日報」によると、計画はまだ初期段階だが、2,000エーカーの土地が用地として割り当てられる見通しだという。

消息筋によると、中国の大手不動産開発企業の碧桂園控股(カントリー・ガーデン)が計画し、ジョホール州政府系機関と交渉を行なっているという。財務省や出入国管理局などの関係機関との折衝が必要になるため、順調に進んでも計画が動きだすのは3~5年後になる見通しだという。実現すれば観光振興のほか、外国投資のさらなる増加が見込まれる。

マレーシアにはランカウイ、ティオマン、ラブアンの3つの島が免税特区に指定されているが、本土側では大型の免税特区はなかった。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPジョホールバルで大規模免税特区開発計画が浮上