シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPMRT1号線のトンネル部分、年内に5割完成 建設コストは当初の予...

建設

2013年10月14日

MRT1号線のトンネル部分、年内に5割完成 建設コストは当初の予定通り

〈クアラルンプール〉
首都圏クランバレーの大量高速輸送(MRT)システム(KVMRT)1号線プロジェクトのトンネル部分の工事進捗率は、9月末時点で39%となっており、年内に50%に達する見込みだ。

マハティール・モハマド元首相が10月10日、クアラルンプールのコクレーン駅の建設現場を訪問した。その後の会見で建設を担当するコンソーシアム、MMC-ガムダKVMRT(T)は、工事は順調に進んでおり、建設コストも当初予定を上回らないと発表した。

マハティール元首相は、工事が順調に進んでいることを嬉しく思うとコメント。国内の建設業者が成長している証だとした上で、外国の企業に発注せず国内企業だけで複雑なプロジェクトを進めることができるようになったと述べた。

1号線はスンガイブロー~カジャンを結ぶ全長51キロメートルの路線。2017年の運転開始が見込まれている。地下部分の総延長は9.5キロメートルで、総工費は83億リンギ(約2,520億円)。トンネルに加えて7つの駅建設、出入り口、換気口の建設もパッケージに含まれている。地下駅は▽KLセントラル▽パサル・セニ▽ムルデカ▽ブキ・ビンタン▽パサル・ラクヤット▽コクレーン▽マルリ――の7ヵ所。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPMRT1号線のトンネル部分、年内に5割完成 建設コストは当初の予...