シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPUMWトヨタ、フルモデルチェンジ「ヴィオス」発表

日系企業

2013年10月4日

UMWトヨタ、フルモデルチェンジ「ヴィオス」発表

〈クアラルンプール〉
UMWトヨタ・モーターは10月2日、フルモデルチェンジの新型「ヴィオス」を発表した。

7月1日から予約の受け付けを開始しており、予約台数はすでに8,000台に達した。旧「ヴィオス」は年平均3万台を販売してきたが、新型モデルへの切り替えにより来年は通年で3万6,000台に達すると見込んでいる。旧モデルは、今年上半期で1万7,000台を販売。2003年の発売開始以来、マレーシアでの累計販売台数は26万5,000台に達している。

「1.5J M/T」「1.5J A/T」「1.5E A/T」「1.5G A/T」「1.5TRD A/T」の5つのバリエーションを用意した。販売価格は7万3,200~9万3,200リンギ(約225万~286万円)。エンジンは信頼性の高い旧モデルと基本的に同じで、顧客の要望を元にエクステリアとインテリアを中心に見直した。スポーティな「TRD」モデルは、ショックアブソーバーを強化した。

部品の現地調達率は旧モデルの15%を大幅に上回る50%に達しており、さらに数パーセント上昇する見通し。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPUMWトヨタ、フルモデルチェンジ「ヴィオス」発表