シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP燃料価格、年内の再値上げは行なわず 

経済

2008年6月13日

燃料価格、年内の再値上げは行なわず 

〈プトラジャヤ〉
先ごろ大幅な値上げを実施したガソリン・ディーゼル油価格について、アブドラ首相は6月11日、年内には再度の値上げは行なわないと確約した。
年内に原油価格が1バレル=200米ドル(約2万1,000円)まで高騰するとの予想もあるものの、燃料価格を見直す上での指標となる原油価格の上限は特に設定しない。ただし原油価格が下がった場合には、燃料価格も引き下げる方針だという。
アブドラ首相は、政府が燃料価格引き上げ後も1リッター当たり30センの補助金を負担していることを強調。原油がこの先も上昇することが見込まれるため、先の値上げによる補助金削減分も帳消しになるだろうと述べ、増大する補助金コストを捻出するための新たな方策を考えねばならないとした。
一方、天然ガス価格については、国営石油会社ペトロリアム・ナショナル(ペトロナス)のハッサン・マリカン会長が、現状を維持する考えを表明。天然ガス車(NGV)への移行が進んでいることを受け、ガス補給所の増設に力を入れていることを強調した。
天然ガス補給所の数は現時点で90カ所だが、年内に59カ所増える見通し。2010年までに200カ所に増やす方針だ。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP燃料価格、年内の再値上げは行なわず