シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPマレーシアのネットユーザはコンテンツよく活用=調査

IT

2008年4月15日

マレーシアのネットユーザはコンテンツよく活用=調査

〈クアラルンプール〉マレーシアのインターネット普及率は54%とそれほど高くないが、デジタルユーザがウエブ・コンテンツをよく活用していることが、オムニコム・メディア・グループ(OMG)の調査でわかった。
同調査は、▽マレーシア▽インド▽韓国▽中国▽豪州のアジア太平洋地域5カ国で、自分のパソコンを持ち、少なくとも1カ月にスマートフォンやMP3など3種類のデジタル・デバイスを使用しているデジタル・ユーザ1,400人を対象にアンケートをとったもの。
マレーシアでは、音楽や映画、テレビなどのコンテンツをインターネットでダウンロードするとの回答は78%、オンラインゲームをするとの回答は86%、過去6カ月にチャットをしたことがあるとの回答は91%にのぼった。豪州ではチャットをしたとの回答はわずか57
%。ネットでビデオを観賞したとの回答はマレーシアは64%で、韓国(31%)の2倍以上となった。ショート・メッセージング・サービス(SMS)の1日の送信回数はマレーシアは22回で、豪州(12 回)の2倍となった。
先進国である豪州や韓国に比べて、インドや中国、マレーシアといった後進国の方が、デジタルユーザがビジネス以外に多くのパソコン用途を持っていることがわかった。ビジネス以外の用途は、中国が15と最も多く、インドが13、マレーシアが12、豪州が11、韓国が9だった。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPマレーシアのネットユーザはコンテンツよく活用=調査