シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP多国籍企業に域内本部設置を呼びかけ、ペナン州首相

経済

2008年3月26日

多国籍企業に域内本部設置を呼びかけ、ペナン州首相

〈ペナン〉ペナン州のリム・グアンエン首相は3月24日、自由工業区ペナン企業協会(Frepenca)の年次総会に招かれた祭の会見で、「多国籍企業の域内本部誘致を目指しており、必要な措置を講じる」と表明。シンガポール、香港への対抗意識を明らかにした。頻繁にマレーシアに入国する技能労働者に対する入国審査の緩和などの措置を講じるという。
ペナン州は域内で屈指のハイテク産業集積地だが、リム州首相は、「州は厳しい競争に直面している」と強調。高付加価値産業への転換を図っていると語った。
バヤン・レパス自由工業区における課題では、これまで午前9時から正午まで閉鎖されていた西ゲートを通行可能にする。またレッド・ブリッジ・ゲートも5月15日までに開通させ、混雑を緩和する。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP多国籍企業に域内本部設置を呼びかけ、ペナン州首相