シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPJAIC出資会社、大豆加工大手のスーンスーンに出資

日系企業

2007年12月12日

JAIC出資会社、大豆加工大手のスーンスーンに出資

〈バタワース〉

日本アジア投資(JAIC)がマラヤン・バンキング(メイバンク)と設けた未公開株投資ファンドのメイバンJAICマネジメントと、Amプライベート・エクイティーは、大豆加工最大手のスーン・スーン・オイルミルズに27%の資本参加を行う契約を交わした。
スーン・スーンは5年後をメドに上場を計画しており、これに備えた。メイバンJAIC、Amプライベートとも新株を発行して支払いに充当する株式交換取引。調印式には日本アジア投資のシンガポール子会社、JAICアジア・キャピタルの代表が出席した。
新市場開拓、販売網拡大が狙いの資本提携。組織、資本構造を強化し上場に備える。東京証券取引所を上場先として検討している。
スーン・スーンは、穀物、脂肪種子、精油に携わっており、年商は6億リンギ(約198億円)。うち30%を輸出で稼いでいる。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPJAIC出資会社、大豆加工大手のスーンスーンに出資