シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP1月の入国者は88万人、ホテル料金が上昇

経済

2008年2月28日

1月の入国者は88万人、ホテル料金が上昇

政府観光局(STB)によると、1月の入国者数は前年同月比7%増の88万3,000人と、1月の入国者としては過去最高を更新した。一方、ホテルの客室不足で客室料金が上昇しており、平均で過去最高の237Sドル(約1万8,000円)に達した。
全国旅行業者協会のロバート・クー会長は、「シンガポールはホテル料金が高い国だと思われると、長期的に望ましくない結果をもたらす」と懸念を表明した。旅行ウェブサイトを運営するバーザーク・ドットコムによると、サイトでホテル料金を見て予約を断念するサイト利用者が増えていると考えられるという。
客室料金は昨年6月に200Sドル(約1万5,000円)を突破。7月にやや下がった後は右肩上がりを続けた。高級ホテルは1泊300~400Sドル(約2万3,000~3万1,000円〉する。
1月の入国者の滞在日数は20%増の延べ350万日。インドネシア、中国本土、豪州からの旅客が最も多かった。
シンガポールでは、数多くの展示会、会議が計画されており、また自動車レースのフォーミュラワンも開催されるため、客室不足は続く見通しだという。
一方でホテルの開業も予定されており、クラウン・プラザ・チャンギ空港ホテル、パーク・ホテル・クラークキーなど10軒のホテルが近く開業の予定だ。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP1月の入国者は88万人、ホテル料金が上昇