シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP原油高でも年内は燃料値上げはせず

経済

2007年9月17日

原油高でも年内は燃料値上げはせず

<クアラルンプール>

原油価格が再び高騰していることを受けアブドラ首相は、マレーシアが進めている開発計画への影響は避けられないとの見方を表明。ただ当面、燃料価格を引き上げる考えはないと述べた。しばらく1バレル70 米ドル(約8,000円)前後で推移していた原油価格は9月13日に再び上昇し、80米ドル(約9,000円)を突破した。
アブドラ首相は、原油高への何らかの対策をとる必要があるとした上で、先に発表した、原油価格が高騰しても燃料価格は据え置くとした国民への約束もまた尊重する必要があると強調。当面は燃料価格の引き上げは行わない考えを示した。しかし来年については、「来年のことは来年になって考える」と答え、年明けの値上げに含みを持たせた。
政府は2006年3月に過去最高の値上げを行った後、原油価格の下落もあって値上げは行っていない。今年1月にはナジブ副首相が、3月にはアブドラ首相がそれぞれ、当面燃料価格を据え置くと発言していた。

■ディーゼル補助金廃止を検討■
またアブドラ首相は、補助金付きディーゼル油の密売事件の横行を受け、政府がディーゼル油補助金制度の撤廃を検討していることを公表。ただ補助金を廃止すれば実質的な値上げになるため、漁師など安いディーゼル油を必要としている方面への影響も考慮しなければならないとし、実施に当たっては新たな補助メカニズムを作る必要があるとの考えを示した

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP原油高でも年内は燃料値上げはせず