シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPビジネススクール格付け、NTUが46位に

社会

2008年1月30日

ビジネススクール格付け、NTUが46位に

南洋理工大学(NTU)付属ビジネススクールが、英フィナンシャル・タイムズがまとめた「経営管理学修士(MBA)」ランキングで46位と、世界50位入りを果たした。シンガポールのビジネスクールで過去最高の評価だ。昨年は67位だった。
シンガポール国立大学(NUS)のMBA計画は昨年、81位だったが、今年はデータが不十分だったため評価対象から外れた。
FTランキングでは、「卒業生の出世動向」「国際多様性」「着想」の3分野について評価している。
NTUのビジネススクールは、国際性、授業料に見合った価値で評価を上げた。ランキング調査では出世面を重視しており、NTUは2004年度卒業生の賃金が就職時と比べ111%増加したことが高得点につながった。中国、インドに就職する卒業生が多く、両国の顕著な賃金上昇が得点に反映された格好だ。
学生の80%は留学生(20カ国)で、全日制で学んでいる学生の14%はインド、18%は中国出身者。学生の多様性でも高評価だった。
ランキング1位はトップ常連の米ペンシルベニア大ウォートン・スクール、2位はロンドン・ビジネススクール、3位はコロンビア・ビジネススクールだった。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPビジネススクール格付け、NTUが46位に