シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPシンガポールは納税が簡単、年49時間で完了

国際

2007年11月21日

シンガポールは納税が簡単、年49時間で完了

国内企業が納税義務を履行するために要する時間は年49時間――世界銀行、世銀グループの国際金融公社(IFC)、会計事務所のプライスウォーターハウスクーパース(PwC)はこのほど、世界178カ国・地域の税制に関する第2回調査の結果を公表した。
税の種類の数、納税義務を果たすためにかかる時間、税率の3項目を調べ、ランク付けを行っている。1位はモルディブ、2位がシンガポールで、3位以下は、香港、アラブ首長国連邦(UAE)、オマーン、アイルランド、サウジアラビア、クウェート、ニュージーランド、キリバス。中東が上位を多数占めた。
納税までに要する時間の世界平均は、法人税が15日、雇用税が21日、消費税が21日。法人税の納税頻度はシンガポールが年5回で、世界で5番目の少なさ。税率の低さでは14位だった。
税制改革では2005年以降、65カ国で90件の改革が実施されており、成果があったのは、◇オンライン申告の導入◇各種税の統合◇税管理システムの簡素化◇税率引き下げと納税対象の拡大――の4件だった。
税率が高いのは、東欧、中央アジア、アフリカ。順守負担が重いのは、中南米、東欧、中央アジアだった。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPシンガポールは納税が簡単、年49時間で完了