シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPNEC、ノートPCでトップ3を目標

経済
IT

2007年8月21日

NEC、ノートPCでトップ3を目標

<クアラルンプール>
 NECコンピューターズ・アジア・パシフィックは、ノートパソコンの国内シェアを現在の5位以下から、3~4年内にトップ3に引き上げたい考え。マレーシアのイェオ・スウィーケイ カントリー・マネジャーが英字紙「ビジネス・タイムズ」のインタビューに対して明らかにした。
 昨年度(2006年4月~2007年3月)は3モデルを発表したが、今年度に入って3モデルを発表しており、あと3モデルを発表する計画。また販売店網を年内に倍増させ、提携企業も増やす。顧客の要望を取り入れることも重要視しており、最近の商品ではIP電話やインスタントメッセンジャーのスカイプにワンタッチで接続できるボタンを導入した。
 国内市場は競争が激しく、デルやエイサー、ヒューレット・パッカードなどが初心者からハイエンド向けまでの新製品を揃えている。
IT市場調査の米インターナショナルデーターコーポレイション(IDC)によると、NECコンピューターズの昨年度の売り上げ成長率は25%。今年第1四半期は1ケタながらも堅調で、昨年度並の成長率を期待している。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPNEC、ノートPCでトップ3を目標