シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP「ロビンソンズ」デパート、マレーシアに再進出

経済

2007年8月21日

「ロビンソンズ」デパート、マレーシアに再進出

<クアラルンプール>
 シンガポールのデパート「ロビンソンズ」が30年ぶりにマレーシアに再進出し、9月26日にクアラルンプール(KL)のミッド・バレー・シティの新ショッピング・モール「ザ・ガーデン」内にオープンする。投資額は3,000万リンギ(約9億7,600万円)で、マレーシアに初めて参入するブランドが40%を占める、同デパートの旗艦店とする。
 1960年台から約15年間マレーシアに進出した経緯があるが、今回はマレーシアの小売り市場の成熟や国民の可処分所得の増加、消費者のブランド志向の高まりなどから再進出を決めた。
 ロビンソン・アンド・カンパニー(マレーシア)のディーパク・シャルマ ジェネラル・マネジャーは、今回は同デパートのブランド名に馴染みのある顧客やシンガポール店に足を運ぶ顧客などの取り込みを狙うと語った。また傘下の3ブランドの独立店も、それぞれKL市内に10月までにオープンする計画という。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP「ロビンソンズ」デパート、マレーシアに再進出