シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPベルジャヤランド、KLプラザを売却

経済

2007年8月17日

ベルジャヤランド、KLプラザを売却

<クアラルンプール>
 ベルジャヤ・ランドは、クアラルンプール(KL)のブキ・ビンタンにある複合施設、KLプラザを4億7,060万リンギ(約160億3,600万円)でパビリオン・グループに売却する。ロバート・ヨン取締役が8月15日、売買契約の署名式後に記者団に対して明らかにした。新規投資に向けた資金調達の一環。KLプラザは利益を出していたが、適切な売買額がついた今が売り時と判断した。売却益の半分を、中国とベトナムで進めている複合開発(総額40億米ドル(約4,738億円))の一部に割り当て、残りを負債1億9,200万リンギ(約227億円)の返済に充てる。
 KLプラザは、飲食店街の入った10階建てオフィスビルと、5階建てショッピングビル、52部屋の家具付きアパートで構成される。ベルジャヤ・ランドは子会社を通じて商業施設を1989年に、住宅施設を1991年にそれぞれ購入。購入総額は1億7,000万リンギ(約201億円)だった。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPベルジャヤランド、KLプラザを売却