シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPセカンドホームにマを選ぶ韓国人が増加=駐韓大使

経済
社会

2007年8月16日

セカンドホームにマを選ぶ韓国人が増加=駐韓大使

<ソウル>
 マレーシアをセカンドホームに選ぶ韓国人が、ここ2年間で増え続けている。M.サンタナナバン駐韓マレーシア大使が明らかにした。クアラルンプールとサバ州コタキナバルが人気で、ジョホール州ジョホールバルを選ぶ人も増えているという。
同大使は、1997年に経済が世界的に落ち込んで以来、韓国では燃料や不動産の価格が急上昇したと指摘。貯蓄や老後の計画が影響を被った韓国国民が、快適な暮らしを維持するため外国に住まいを求めているとした。
マレーシアが好まれる理由としては、▽気候が温暖▽住宅賃貸料が韓国の約3分の1▽銃規制が厳しい▽英語が通じる▽ゴルフが手ごろな価格で出来る▽シンガポールや香港ほど都市化されていない▽良いインターナショナルスクールがある――などが挙がっている。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPセカンドホームにマを選ぶ韓国人が増加=駐韓大使