シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPASEAN会議閉幕、シンガポールが議長国に

国際

2007年8月7日

ASEAN会議閉幕、シンガポールが議長国に

フィリピンのマニラで開催された一連の東南アジア諸国連合(ASEAN)会議が閉幕。シンガポールが議長国を引き継いだ。引き継ぎ式でジョージ・ヨー外相は、◇ASEAN憲章◇共同体構築◇地域問題に一致して取り組むべき課題――の3点に注力すると表明した。
今年はASEAN創設40周年で、共同体構築に向けた最高規範、ASEAN憲章の策定を目指す。ヨー外相は、「政治的ビジョンを世界に向け発信することになる」と述べた。
シンガポールで11月に開催の首脳会議で調印の予定だが、憲章違反に対する制裁、多数決による意思決定の導入などの条項は未解決で、9月初旬にシンガポールで閣僚会議を開き、論議を煮詰める。
首脳会議では2015年をめどに構築する経済共同体の基本計画も調印の予定で、シンガポールが中心になって詳細な計画を策定する。
会議では最終日の3日、アジア太平洋地域の安全保障を話し合うASEAN地域フォーラム(ARF)が開かれた。
ARFは、ASEANに日本、米国、欧州連合などを加えたフォーラム。一部から、「話し合うだけのお祭り」との批判にさらされていたが、安全保障の危機に速やかに対応するメカニズムの構築で合意。3人の外相で構成するパネルを設ける。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPASEAN会議閉幕、シンガポールが議長国に