シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPOCBC銀、中国現法を開設

国際

2007年8月3日

OCBC銀、中国現法を開設

OCBC銀行は8月1日、上海で中国現地法人、OCBCチャイナの設立式を開催した。現法はシンガポールの銀行ではDBSに次いで2行目。これまでに設けたシンガポール法人の支店もすべて現法の傘下になるため、一般市民向けクレジットカード発行、元建て商品・サービスの提供が可能になる。
シンガポール以外の外資では8行が現法を認可されており、3兆1,000億Sドル(約242兆6,000億円)相当といわれる中国人家庭の預金をめぐり獲得競争を展開することになる。 ただ実際に小口業務を提供するためには別に免許が必要で、年内の取得を目指している。中国業務の現在の行員数は200人で、2010年までには1,000人規模まで拡大する。
OCBCチャイナのタン・ウィンミン社長は、「年2店のペースで支店を増設する。出張所網も拡大する」と語った。
まず広州に支店を、成都に出張所を開設する意向だ。北京の駐在員事務所もいずれ、支店に格上げする。
法人向け業務では、融資、預金、貿易金融、資金調達サービスなどを内外企業に提供し、特に中小企業を重視する。
個人向けでは、住宅融資、資産運用サービスを提供。金融資産が50万元(778万円)以上ある所得者を重視する。保険子会社、グレート・イースタンの中国法人との連携も進める。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPOCBC銀、中国現法を開設