シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPイスカンダル開発計画、工事は来年発注

経済

2007年8月16日

イスカンダル開発計画、工事は来年発注

<クアラルンプール>
 首相府経済企画局(EPU)のスライマン・マハボブ局長は、南ジョホールで推進するイスカンダル開発地域計画について、建設工事の多くは来年、発注されるとの見通しを示した。開発計画の推進母体は国営投資会社のカザナ・ナショナルで、EPUが監督機関。
イスカンダル開発地域は、ジョホールバルを中心に、北は空港のあるセナイ、西はパシル・グダン、東はタンジョン・プルパス港(PTP)におよぶ総面積2,217平方キロメートルの経済特区で、ジョホール州の経済発展に貢献すると期待されている。特区内に整備される行政首都は来年末までに完成の予定だ。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPイスカンダル開発計画、工事は来年発注