シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPGDP成長予想は6%を維持、首相が見解

経済

2007年8月15日

GDP成長予想は6%を維持、首相が見解

【クアラルンプール】
 アブドラ首相は8月13日の会見で、国内総生産(GDP)成長率見通しについて、「修正の必要性を認めない」として、従来予想の6%を維持する方針を示した。首相は8月9日、中央銀行から経済動向について説明を受けており、これを踏まえ、「経済の基礎的条件は強固で、外貨準備も豊富にある。米国の低所得者向け住宅融資(サブプライムローン)の焦げ付き問題に対応できる」と述べた。
アブドラ首相によれば、中銀は米国、日本、シンガポール、香港など、マレーシアと投資、貿易面で関係が深い国で何が起こっているかを把握し、分析するツールを開発しており、これが迅速な対応を可能にしているという。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPGDP成長予想は6%を維持、首相が見解