シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP上期の貿易高、2.2%増の5224億リンギ

経済

2007年8月6日

上期の貿易高、2.2%増の5224億リンギ

マレーシア外国貿易開発公社(MATRADE)の発表(速報値)によると、2007年上期の貿易高は前年同期比2.2%増の5,223.8億リンギ(18兆2,666億円)となった。
 輸出高は1.1%増の2,829.9億リンギ(9兆8,956億円)、輸入高は3.5%増の2,393.9億リンギ(8兆3,710億円)。貿易黒字は436億リンギ(1兆5,246億円)で、10.4%の減少となった。日本への輸出は6.8%増。
 6月単月の貿易高は893.7億リンギ(3兆1,251億円)で、前年同月比0.9%の減少。輸出高は490.3億リンギ(1兆7,145億円)で、前年同期比で0.4%、前月比で1.3%のマイナスとなった。輸入高は前年同月比1.6%減の403.3億リンギ(1兆4,103億円)で、前月比では3.3%のマイナス。貿易黒字は87.0億リンギ(3,042億円)となり、前年同月比5.6%、前月比9.0%の増加。貿易黒字は116カ月連続となった。
 6月の輸出先を国・地域別で見ると、東南アジア諸国連合(ASEAN)、米国、欧州連合(EU)、日本、中国、香港、豪州の順で多く、同7カ国・地域で輸出全体の80.6%を占めた。
 日本への輸出額は48.0億リンギ(1,678億円)で全体の9.8%を占めた。原油や木製品、電気・電子の輸出が減ったことが影響して前月比ではマイナスとなったが、前年同月比では16.3%の増加となった。
 品目別では、前月比で金属製品や化学製品、精油製品の輸出が増加。電気・電子製品が全体の43.3%を占める212.3億リンギ(7,424億円)でトップとなった。これに化学製品(28.7億リンギ、1,004億円)、原油(27.3億リンギ、955億円)、パーム油(27.1億リンギ、948億円)が続いた。
 6月の輸入は、国・地域別ではASEAN が99.4億リンギ(3,476億円)でトップとなり、全体の24.6%を占めた。日本は53.1億リンギ(1,857億円)で2位、全体の13.2%を占めた。
 品目別では、電気・電子が165.2億リンギ(5,777億円)でトップ。これに機械部品、化学製品、金属製品が続いた。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP上期の貿易高、2.2%増の5224億リンギ