シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPセルコム、ブロードバンド新サービスを発表

IT

2007年8月3日

セルコム、ブロードバンド新サービスを発表

【クアラルンプール】
 セルコム・マレーシアは7月31日、新しいブロードバンドサービスを発表した。一般加入者(後払い制)事業の立て直しや新サービスの発表計画などと合わせ、下半期に携帯電話市場の首位獲得を狙う。
1日使い放題のパッケージは、GPRS(汎用パケット無線システム)と3G(第3世代)、毎秒3.6メガビットの速度の3GXサービスを1日当たり8リンギ(約280円)。1カ月使い放題のパッケージは、GPRS と3Gサービスを1カ月当たり68リンギ(約2,300円)で提供する。
 シャザリ・ラムリー最高経営責任者(CEO)は、高速通信のHSDPA や3GXサービスで、同社が全国の人口集中地域の58%を網羅しており、2Gにおいては同97%をカバーしていると強調。最も広域、高速、安価なサービスを提供していると自信を示した。セルコムの利用者は640万人いるが、80%がプリペイド顧客で一般加入者は20%。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPセルコム、ブロードバンド新サービスを発表