シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP中国のアワビ養殖業者、逆買収で上場

経済

2007年7月10日

中国のアワビ養殖業者、逆買収で上場

中国のアワビ養殖業者、オシアナスが逆買収方式でシンガポール取引所(SGX)上場の衣料品業者、TRネットワークスを買収し、SGX上場を果たす。オシアナスは2005年12月に新規株式公開(IPO)による上場を目指したが、山東省を襲った吹雪でタンクが破損、上場を断念したいきさつがある。
TRネットワークスはオシアナス発行済み株式すべてを2億7,000万Sドル(約218億7,000万円)で取得する。代金はすべて新株を発行して充てる。この結果、TR増資後の92%に相当する株をオシアナスが取得することになり、実質的にオシアナスはTRを子会社化し、SGXに裏口上場を果たす。
オシアナスは利益保証を行い、一定の利益を達成できなかった場合、受け取った株の一部を返却する。取引の取りやめも選択肢として提供する。
オシアナスは山東省と福建省に拠点があり、アワビ、ヒラメ、カレイなど高級魚を大規模施設で養殖、販売している。アワビ養殖では大手で、売り上げの80%をアワビで稼いでいる。
将来的に、冷凍、缶詰、乾燥品など加工品分野にも参入する計画だ。TRネットワークスは子会社のスリー・ライフルズ・インターナショナルが男性用シャツ大手で、ピエール・バルマンブランドの男性用衣料品を扱っている。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP中国のアワビ養殖業者、逆買収で上場