シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPシンガポールのクリッパー、世界一周に再挑戦

国際

2007年5月15日

シンガポールのクリッパー、世界一周に再挑戦

シンガポールの快速帆船、「ユニークリー・シンガポール号」が、今年9月から来年にかけ10カ月間にわたり実施される、クリッパー世界一周レースに再び参加する。
新装なった船のお披露目式がこのほど英ロンドンで行われ、タルマン・シャンムガラトナム第2財務相(教育相)が出席し、「官民両セクターの協力で参加にこぎつけることができた」とあいさつした。
クリッパー世界一周レースは世界最長のレースで、シンガポールは前回に続く2回目の参加。航海距離は56,300k。メーンスポンサーは前回同様、政府系ケッペル・コーポレーション。シンガポール政府観光局(STB)がパートナーとして参加する。
クリッパーレースは当初、シンガポール国民の関心を集めなかったが、メディア報道などで知られるようになり、関心は高まりつつある。
公共セクターでは、外務省、人材開発省が職員数人を、人材開発計画の一環としてレースに参加させる。ケッペルは7人を計画に参加させ、うち一人はクルーとともに世界を一周する。クルーらは「シンガポール大使」としての任務を寄港地で果たす。
クリッパーのシンガポール寄港は来年1月の予定だ。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPシンガポールのクリッパー、世界一周に再挑戦