シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPリンギ高、輸出企業の利益に影響=製造業者連盟

経済
貿易

2007年2月1日

リンギ高、輸出企業の利益に影響=製造業者連盟

<クアラルンプール>

対米ドル相場でのリンギ高が輸出志向企業の利益に影響する見通しで、通貨ヘッジなどで対応する企業も出ている。
ペナン州、ケダ州に拠点を置く企業で構成するマレーシア製造業者連盟(FMM)北部支部のリー会長は、「強いリンギは輸出には不利で、輸入には好都合。輸出企業の最終利益が影響を受ける」と語った。
輸出が米ドル建て、原料調達がリンギ建ての企業が最も影響を受ける見通しで、タイ、中国、フィリピンで生産した製品を米国に輸出しているエン・テクノロジー・ホールディングス(本社・ペナン)は、「収入をリンギに統一しており、リンギ高によるマイナスの影響を受けている」と語った。
マレーシア・米国商工会議所の電子産業部会(MAEI)のウォン・シウハイ部会長は、リンギ高に対する過剰反応は好ましくないとの意見で、「最も重要なのは比較競争力。生産性、品質の改善、コスト削減でリンギ高による影響を緩和し、競争力を維持することだ」と述べた。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPリンギ高、輸出企業の利益に影響=製造業者連盟