シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP資本市場活動は140億㌦、過去最高を更新

金融

2006年12月27日

資本市場活動は140億㌦、過去最高を更新

新規株式公開(IPO)など資本市場における資金調達活動は140億4,000万Sドルと過去最高を更新。昨年の73億9,000万Sドルを大幅に上回った。

取引件数は92件。うち1億Sドルを超える取引は35件(昨年は17件)。3億Sドルを超える取引も15件(同8件)あった。

IPOによる資金調達額は計75億6,000万Sドル。IPO件数は58件(同65件40億Sドル)で、1件当たり調達規模が昨年より拡大した。

最大のIPOはタイの酒造大手、タイ・ビバレッジの15億7,000万Sドル。中国(香港を含む)企業、あるいは同地での収入が売上高の過半を占める企業のIPOは32件。

株式市況の回復を受け、特に第4四半期は資金調達が活発だった。ナイロン繊維メーカーのチャイナ・スカイ・ケミカル・ファイバーは私募発行で1億Sドル余りを調達。サンテック不動産投資信託(REIT)は資産買収資金として1億8,000万Sドルを調達した。

同期の最大の取引は、機関投資家によるホンコン・ランド株売却で、総額5億1,100万米ドル相当が複数の投資家に売却された。

通年では、国営投資会社、テマセク・ホールディングスによるシンガポール・テレコム株売却(20億Sドル)が主要取引に挙げられる

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP資本市場活動は140億㌦、過去最高を更新