シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP電子関連機器のノレルコ、航空機部品に参入

IT

2006年12月5日

電子関連機器のノレルコ、航空機部品に参入

ハードディスクドライブ(HDD)など電子業向け機器メーカーのノレルコUMSホールディングスは、チャンギに建設する工場の起工式で、2,000万Sドルの設備投資を行うと発表した。航空機部品の生産に乗り出す。
工場は来年中ごろに完成の予定で、2008年1月に操業を開始する。5年後には1億米ドルの収入を同工場から見込んでいる。
従業員は当初、30人を計画しており、2012年までには180人まで増やす。技術者が中心。
工場を建設するのはブーステッド・シンガポール子会社のブーステッド・プロジェクツ。ノレルコは八年契約で借り受ける。床面積は7,400平方メートル。
アンディー・ルオン会長兼最高経営責任者(CEO)によると、航空機部品は世界的に供給不足状態にあり、またアジアにおける航空需要の増大で部品需要は顕著な増加が予想される。
航空機部品は利幅が大きい点も魅力で、半導体部門と並び同社の中核部門に育成する。また、航空機部品は1~5年契約が普通で、収入予測がつきやすいため、将来的に安定的収入が見込めるという。
ノレルコは11月に第3四半期決算を発表しており、売上高は前年同期比15%増の4,390万Sドルだった。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP電子関連機器のノレルコ、航空機部品に参入