シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP立志伝中の人物、小西氏のテクスケムがIPO

金融

2006年10月26日

立志伝中の人物、小西氏のテクスケムがIPO

マレーシアでテクスケム・グループを一代で築いた立志伝中の人物、小西史彦氏のテクスケム・パックが当地で新規株式公開(IPO)を開始した。
工場拡充、研究開発強化が目的の資金調達で、迅速なIPOが可能なことから、マレーシアでなく、シンガポールでIPOを決定した。
小西氏は1968年、「青年の船」で東南アジアを訪問したことがあり、衛生面でクリーンなシンガポールとマレーシアに印象付けられた。
その後、マラヤ大学に留学。シンガポールの化学メーカーのセールスマンを経て、73年に資産家の出資を仰ぎ貿易商社、テクスケムをペナン島で興したのが一代グループを築いた始まり。
包装材に参入し、当初は卵やチョコレートの包装を手掛けたが、ソニーからウォークマン用包装を受注。現在は半導体や電子機器向けプラスチック形成など手掛けている。
主要顧客はディスクドライブ最大手のシーゲート、電子機器大手のソレクトロンなど。マレーシア、タイ、ベトナム、中国に工場がある。
新株式2,985万株を一株0.4Sドルで売り出し、1,194万Sドルを調達する。公募分は300万株。
ペナン島に本社を置き、豪邸を持つ。尊称のダトーを与えられている。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP立志伝中の人物、小西氏のテクスケムがIPO