シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPスロバキアと投資保証協定、SBFとの覚書は取りやめ

国際

2006年10月16日

スロバキアと投資保証協定、SBFとの覚書は取りやめ

シンガポールとスロバキア共和国は13日、投資保証協定を交わした。両国は昨年5月に二重課税防止協定を交わしており、二国間協定はこれが2件目。
来訪中のイバン・ガシュパロビッチ大統領がゴー・チョクトン上級相をイスタナ(大統領府、首相府の所在地)に訪問し、両国の経済開発などについて意見を交換した。協定に基づき両国は互いに、投資面で最恵国待遇を与える。
シンガポール事業連盟(SBF)とスロバキア商工会議所(SCCI)との間で予定されていた、情報交換、事業協力の覚書締結は取りやめとなった。理由は明らかにされていない。
大統領にはSCCI会員企業の代表四十五人の使節団が同行しており、SBF会員企業と事業機会を探る。
スロバキアは自動車生産が盛んで、部品生産で事業機会が見込める。不動産市況も欧州連合(EU)加盟以降、活況を呈しているという。
二国間貿易は昨年実績で、シンガポールの総貿易高の0.01%に相当する7,170万S㌦と小額にとどまっている。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPスロバキアと投資保証協定、SBFとの覚書は取りやめ