シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPジョホールバル中心部を再開発 国際ビジネス地区建設へ

建設

2015年11月23日

ジョホールバル中心部を再開発 国際ビジネス地区建設へ

〈ジョホールバル〉

ジョホール州政府は11月22日、州都ジョホールバルの中心部を200億リンギ(約5,716億円)かけて国際ビジネス地区「イブラヒム・インターナショナル・ディストリクト(Ibrahim International Business District/IIBD)」として開発する計画を発表した。

 

現在、ジョホールバルの中心部は狭い道とショップハウス、コムターショッピングセンターやシティスクエアなどの大規模ショッピングモールが雑然と密集している。この10年計画によって地域のインフラ整備を進め、「第2のクアラルンプール」をめざすという。

 

IIBDの目玉の一つは総工費30億リンギ(約857億円)の複合施設コロネーションスクエアで、サービスアパート、オフィスタワー、ホテル、商店街と医療施設「メディカル・スウィート」を備える。メディカル・スウィートでは通常の医療のほかアーユルヴェーダ、鍼灸なども扱い、海外からも患者を呼び寄せる。ショッピングモールとその他のビルをバンコクにあるような空中遊歩道で結ぶことも検討されているという。

 

この計画にはジョホール州の投資関連部署であるジョホールコーポレーションのほか、民間の業者が参画することが予定されている。

 

出典:マレーシアナビ!
http://www.malaysia-navi.jp/

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPジョホールバル中心部を再開発 国際ビジネス地区建設へ